ホームに戻る 製品紹介 価格表 注文書 会社案内 求人情報 お問い合わせ
ホーム 矢印 ヤブシタで出来る10のこと! 矢印 03 防雪フード・太陽光架台の製作
ヤブシタで出来る10のこと!
01 エルダー制度導入 02 新製品開発から展示会出展までの流れ 08 3Dプリンターの世界 04 ヤブシタグループの力 05 工場の品質管理
06 3D CADの世界 07 応力・気流解析 3Dプリンタの世界 09 人事考課制度 10 ヤブシタぢ王公開
 
 
太陽光架台・防雪フードの製作
太陽光架台と防雪フードの製作までの過程は、どのような製品を作るのかで異なります。
しかし、工場での製作過程はほぼ同じ内容で実施をしています。
受注・設計をヤブシタ本社で行い、データを工場に送り製造する、という流れで実施します。
工場製造工程
本社で設計したものを工場で加工します。
まずはレーザー加工機で材料を切断します。
レーザー加工機は2016年12月に新機種を導入し、従来よりもより早いスピードで作業を進めることが出来るようになりました。
レーザー加工機 加工動画
レーザー加工機   加工後
加工後の板金をベンダーで折り曲げ、製品化していきます。工場ではベンダーが3台稼動しております。
現在、ベンダーの研修を実施しており、作業スピード工場のため担当者の育成を進めています。
ベンダー加工機 加工動画
ベンダー加工機   加工後
折り曲げた板金は塗装ブースで『粉体焼付塗装』を施します。
工場の一番奥に塗装ブースがあり、そちらで作業を進めていくこととなります。
ベンダー加工機   加工後板金
 
塗装ブース 作業風景
梱包した後、市内倉庫に搬入し在庫を保管します。
在庫管理は本社で実施し、お客様からの注文にあわせて発送業務を行います。
0116240022   0116240023
人事部のひとこと 設計・開発担当や受発注担当であっても、製品を作り上げる工程を知ることはとても重要なことです。新人研修では工場での研修を取り入れるなど、ものづくりに時間ふれてもらう機会を設けています。
企業の方の見学なども実施し、弊社のものづくりをより身近に感じていただくことも重要と考えています。
 
 
ヤブシタ