ホームに戻る 製品紹介 価格表 注文書 会社案内 求人情報 お問い合わせ
ホーム 矢印 先輩の声
先輩の声
先輩の声 先輩の声 先輩の声
 
 

Q. ヤブシタを知ったきっかけは?
 大学卒業をするときに、Uターンをするのは決めてたんです。それで、Jobwayの合同企業説明会で知りました。理系だったので専門性のある仕事につけるかな、って思って選んだんです。実際は大学で勉強したこととはかけ離れてるんですけどね、、笑
 当時説明をしてくれてた専務の意気込みを感じられて、大企業とは違って、一年目から自分の役割と仕事内容が直結してくるんじゃないかって感じました。

Q. この会社に入社しよう!と決めたのは何故?
 決め手は『近い将来の自分の会社での役割が見えたこと』ですね。実際、入社してからは業務もしていましたが、それよりも自分がこれから担当する分野の勉強時間を作ってもらったと感じています。1年目にも関わらず、海外へ製品の説明に行く経験もさせて貰いました。入社当初、自分の所属している部門は3DCADソフトへの転換期だったこともあり、先輩ともある程度横並びでスタートできたことで、モチベーションを高く持つことができたと思います。

入社してから色々な勉強をさせてもらいました。

同年代で会社のイベントを担当することも。
Q. 入社して3年目。今後はどのような仕事に携わりますか?
 今後は営業補佐をしていきます。
 製品を販売するためには根拠が必要で、ヤブシタの製品を設置することにより『これだけの効果がある』というのをお客様に証明するのが仕事だと思っています。それを証明するために外部と協力して実験を行ったりするんでけど、その外部交渉もしっかりしていかないとな、と。こちらのしたい研究と先方が実施したいことに違いがあったとき、そこには交渉が生まれて、言葉の選び方ややり取りの仕方、スピード感など気をつけることは沢山あります。自分は言葉選びが下手なので、『ちゃんと伝える』という作業が難しいですね。
 今までの二年間は外部と交渉するための準備をしてきた期間だと思うので、学んできた知識をしっかりと活かしていきたいです。

Q. 自分がしたいことはありますか?
 営業補佐をしたいと思ってたので、今から任される仕事はしたいことに直結します。
 補佐として出来ることは『分かりやすい資料を出す』というのが大前提です。部材を必要とするお客様が『本当にこの製品は必要なのか』と疑問に思わないよう、社内にいながら客観的な第三者の目線で考えた『設置基準』を説明できなくてはいけないと思っています。シミュレーションの結果はいくらでも操作が出来てしまうので、公正な結果を示し、詳細な報告書を作成する必要があると思います。
Q. 自分の目指す『目標』は何ですか?
 仕事の話ばかりになってしまいますが、一番は今の自分の役割りであるシミュレーションをしっかりと出来ること。そして、最終的な設計のイメージが出来るようになることですね。 シミュレーションの結果から、フードの外形を大まかに決めるのが今の自分の仕事ですが、設計としての知識が足りないのでそこからは手放しになってしまっています。
 社長はよく「設計者は現場に出て実際に製品を見たり、取付をしろ」とおっしゃるのですが、確かにそこから気づくことは多くあるなと実感しています。設計としての知識も増やして、新製品の設計の際にも力になっていきたいと感じています。

Q. 意識がすごく高いなと感じるんですが、自分はどんな性格だとおもいますか?
 自分は一言で言うと『ネガティブ』ですね。でも、ネガティブなのは悪いことばかりじゃないと思ってて。確かに仕事のスピードが上がらない、っていう欠点にもなり得るんですけど。反面、『人と違う視点をもてる』可能性があるし、不安材料を消して、準備がしっかりと出来る人になり得ると思うんです。自分の仕事には必要な視点だと思ってます。まだ、その域まで、達してないですけど・・・。
展示会で説明員を務めることもあります!
Q. 以前からネガティブだな、と感じる部分はありましたか?
 意識だけは高いんで、だからこそ『ダメだな』って感じて落ちていくタイプではありましたね。 大学の時に留年してるんです。大学院の推薦も決まってたんですけど、それを蹴って、教授にも色々言われても学校に行かなくて。それまでは何も考えてなかったんでスムーズに大学まで進んだんですけど、大学で上手くいかなくなったんです。そうすると人に会うのも怖くなりましたね。人に会わなくなると頭が働かなくなって、前はもっと上手く話せるほうだったんですけど、今も少し引きずってて言葉は上手くないですね。
 その期間は『気づき』ってことが『ゼロ』だったんです。でも大学を卒業するために学校に行って、その時に沢山のことに気づかされました。ネガティブだったからこそ、気づけたことも沢山あったんだと思います。 だから『気づき』を大事にしているヤブシタに惹かれたし、社長に憧れましたね。
Q. ヤブシタの環境はどうですか?
 入社してからのギャップとかはなかったです。入社する前に自分の役割がある、と思って入社してますし、中小企業を選んだ時点で自分はある程度覚悟を持って入らないといけないと思っていました。
 実際、ヤブシタはこれから大きく変化をしていく…というよりは『望んで変化をしていく企業』だと思います。そして、その都度社員がどのように思っているかを把握しながら進んでいきたいという気持ちがあるように思います。それに、役職の付いた方ともディスカッションができる企業なのは魅力だと思います。在籍年数に関わらず、一年目の時でも自分の考えを意見する機会はあったなーと感じています。何よりも、生意気な自分にも、親身になって話を聞いてくれる部の先輩方にはとても感謝していますし、仕事で恩返しできたらと思います。
 
 
ヤブシタ